マンゴー生産へのこだわり

奄美マンゴー生産へのこだわり

このページではマンゴー生産者のこだわりをご紹介します。直接生産者に聞いた「なぜ奄美のマンゴーは美味しいのか?」を掲載しています。

気候にこだわる

気候を活かすことにこだわる

奄美大島は鹿児島市から南へ約380kmに位置する九州と沖縄の間にある島です。奄美大島は亜熱帯性気候で総面積の85%が林野面積で人々は昔から自然と共存してきました。

奄美大島の気候は年中温暖で年間平均気温20度とマンゴー生産に適した地域です。マンゴーは25度から30度にて栽培する事が適していると言われていて寒すぎると花が咲かずマンゴーの実がなりません。暑すぎると着色不良などで高品質のマンゴーが生産できません。

このように最適な気候を活かしていることが奄美のマンゴーが高品質な理由です。

奄美大島のマンゴー

温度にこだわる

温度にこだわる

マンゴー生産で一番に重要な事は温度管理です。奄美大島ではマンゴー収穫後9月にビニールハウスを剥がしマンゴーの木を強くする為に雨風にさらします。その後12月~1月にビニールハウスを被せ、ここからハウス内の温度管理が始まります。この時期に温度管理が悪いとマンゴーの木が枯れたり花付きが悪くなったりします。4月ごろには花が咲き、小さい実がなり摘果が始まります。

7月にはマンゴーは大きくなり重要な時期になります。ビニールハウスの温度を一時間置きに確認し、ビニールハウスを開け閉めし甘く美味しくなる25度~30度内になるよう保ちます。ここで温度管理を怠たりハウス内が暑すぎるとマンゴーの実が焼け中身がドロドロの状態になったり、着色不良などがおこります。

このように奄美のマンゴー生産者は高品質なマンゴーを生産するために無加温栽培にこだわり徹底した温度管理をし、一つ一つマンゴーを観察しながら生産しています。

奄美大島のマンゴー

水にこだわる

水にこだわる

農家には水にこだわり地下水を使用している方がいました。奄美大島はサンゴ礁由来の石灰岩から形成された島で、その地下水には多くのカリウム、マグネシウムなどが含まれています。

良い水から良い土壌ができ、高品質なマンゴーが生産されます。マンゴーを生産するにあたり水は非常に重要なファクターとなっています。

また水を遣る際にもこだわりがあります。生産の際、常に水を遣る時期を見計らい、6月下旬からは一切水を与えません。理由はマンゴーに水を極端に絞り甘さを出すためです。

奄美大島のマンゴー

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

このページの先頭へ